ホワイトニングの効果は持続する?ホワイトニングのメリットやデメリットを解説します。

普段の食生活や喫煙などの影響で、くすみや黄ばみがある歯を白くするためには、いつものブラッシングでは不十分です。

そこで、白い歯を手に入れるために効果的な方法として、ホワイトニングを受けてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬液を用いて歯を白くする方法です。
ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」の2種類があります。

ここでは、それぞれの持続効果やメリット、デメリットについて解説します。
効果やデメリットなどを知った上で、施術を受けるようにしましょう。

当院は、ホームホワイトニングに対応しているクリニックです。
しっかりとカウンセリングを行い、患者さんが納得されてから施術を始めていきますので、気軽にご相談ください。

ホワイトニングの効果はどのくらい持続する?

ホワイトニングの効果

ホワイトニングには、歯医者さんで行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

どちらも歯を白くする目的は同じですが、使用する薬液の濃度や機器が違います。そのため、白くなるスピードや持続性などにも大きな差があるでしょう。

こちらでは、それぞれの特徴や効果の持続性について解説していきます。違いについて知り、どちらの方法が良いのか検討してみましょう。

オフィスホワイトニングの場合

ホワイトニング効果
「オフィスホワイトニング」は、歯科クリニックで行うホワイトニングです。
歯科医師や歯科衛生士などの有資格者だけが扱える、過酸化水素という高濃度の薬剤を使用します。

この高濃度の過酸化水素水を歯の内部まで浸透させ、特殊な光を照射することで、ホワイトニング効果を発揮する方法です。

個人差はありますが、1回の施術で効果を感じられるでしょう。
ただし、施術を受けてから約2〜3ヶ月で色戻りすることがあります。
よって、白い歯を長く持続させたいという方は、定期的にオフィスホワイトニングを受けることが必須となります。

当院では、オフィスホワイトニングは採用しておりません。
痛みを伴う反面、後戻りしやすく効果がでにくいことが理由です。

ホームホワイトニングの場合

ホワイトニング効果
「ホームホワイトニング」は、家にいながら自分で行うホワイトニングです。

学校や仕事で忙しく、歯科クリニックに通う時間がない方に人気があります。

マウスピースにジェル状の薬剤を入れて装着するだけであり、簡単にホワイトニングができます。

ホームホワイトニングで使用する薬剤は、希望する歯の白さによって濃度が変わりますが、高濃度の薬剤は使用しません。低濃度の薬剤を使い、時間をかけて歯を白くしていきます。

そのため、希望の白さになるまでに時間はかかるでしょう。ほとんどの場合は、白い歯になるまでに約1ヶ月以上と長い期間が必要になります。

ただし、オフィスホワイトニングと比べて色戻りの期間が長く、6ヶ月から1年程度は持続することが多いです。
よって、ホームホワイトニングは歯の白さが持続しやすい方法となります。

 

ホワイトニングのメリット

ホワイトニングは、歯のトーンを上げて白くする方法であり、自分の理想とする歯の白さを手に入れたい方にはおすすめしている施術です。

黄ばみやくすみがある歯から、自然な白い歯になるという効果のほかにも、ホワイトニングを行うメリットがいくつかあります。

笑顔に自信が持てる

ホワイトニングのメリット
ホワイトニングを行うと、歯を見せて笑うことに抵抗がなくなります。そして、自然な笑顔で周りの人と会話ができるようになるでしょう。

どうしても、歯に黄ばみやくすみがあると、周りの人からどう思われるのか気になってしまい、人前で笑うことを避けてしまいます。
笑った口元を、手で隠してしまう方もいるのではないでしょうか。

そのような方でも、白い歯を手に入れることで自分の笑顔に自信が持てるようになります。
また、白い歯は清潔感や爽やかさなどのイメージがあるため、印象アップにもつながるといったメリットがあります。

歯を痛めずに行うことができる

ホワイトニングは、自分の歯を削ったり歯の表面に傷をつけたりといった心配はありません。
よって、できるだけ自分の歯を大切にしたいという方におすすめできます。

ただ、歯の状態によっては、ホワイトニング中や施術後に高濃度の薬剤が歯にしみる方がいます。
その場合でも、一時的な症状で24時間以内には収まることがほとんどです。

また、歯を傷つけずに白くできるため、繰り返して施術が受けられます。
万が一、ホワイトニングの効果がなくなり色戻りした場合でも、何度でもやり直しができることはメリットといえるでしょう。

特にホームホワイトニングは痛みのないホワイトニングです。
痛みが気になる方はホームホワイトニングを選択すると良いでしょう。

ホワイトニングのデメリット

ホワイトニングは、笑顔に自信を持てるようになったり、繰り返し施術を受けて白い歯を持続できることがメリットとなります。

その一方で、ホワイトニングには適用しないケースや自己管理の大変さなど、いくつかのデメリットもあります。

ここでは、2つのデメリットを中心に解説しますので、ホワイトニングを受けてみたいと考えている方は事前に知っておきましょう。

差し歯、詰め物などの人工物には効果がない

ホワイトニングのデメリット
セラミックや差し歯、入れ歯、詰め物がある歯などがある方でもホワイトニングを受けてみたいと思う方もいるでしょう。

しかし、ホワイトニングは天然な歯を白くする方法です。
よって、人工の歯に対してはホワイトニングの効果は発揮しないので注意しましょう。
もし、人工の歯がある場合にホワイトニングを受けてしまうと、白くなる歯と人工の歯の色味に違和感が生じるかもしれません。

また、差し歯や詰め物のような人工物があるケースのほかにも、ホワイトニングを受ける際に注意が必要な場合があります。

安全で効果的なホワイトニングを行うために、まずは歯科医でカウンセリングを受けることが大切です。

定期的なメンテナンスが必要

歯科医で行うオフィスホワイトニング、自宅で行うホームホワイトニングのどちらでも、ホワイトニングの効果は永久的ではありません。
特にオフィスホワイトニングは1回の施術で効果を感じやすい反面、後戻りしやすいのが特徴です。

持続期間は、使用した薬剤の濃度やメンテナンスの頻度、食習慣や喫煙習慣などによって個人差があります。よって、歯の白さを持続したい場合は色戻りすることを踏まえて、定期的にメンテナンスを行うことが必要です。

ホームホワイトニングでは希望の白さになるまで、毎日使用することが大切になります。
また、飲食物の色が歯に着色しやすいため、日頃の食生活にも配慮しなければなりません。

このように、自己管理を行うことや定期的に通院することが必要ですが、面倒に感じる方もいるでしょう。

 

定期的なメンテナンスで歯の白さを維持させましょう

ホワイトニングは、歯を削らずに白い歯を手に入れられる方法です。
白い歯になることで、人前で思いっきり笑顔になれたり、イメージアップに繋がったりといったメリットがあります。

ただし、永久的に歯の白さが持続するわけではありません。
希望の白さになるまで施術を続けることや定期的なメンテナンスを受けることで、白い歯を持続させることが可能です。

当院はご自宅で行うホームホワイトニングに対応しています。
患者様に痛みがなく、後戻りも最小限に綺麗な歯を維持できるホームホワイトニング。
ホームホワイトニングはご自宅でできるため、忙しくてなかなか通院できない方にもおすすめです。

まずは丁寧にカウンセリングを行い、ご要望などをお聞きしますので、ホワイトニングについて気になる方は気軽にご相談に来てください。

ひかり歯科クリニックのご紹介

ひかり歯科クリニック

ひかり歯科クリニックは徳島市にある歯科医院です。
地域の皆さまの健口を守り周りの方々を照らし幸せにすることをミッションとしています。
お口のことで気になることがございましたらぜひお気軽にご相談ください。
優しい空間で話しやすい環境を整えております。

ひかり歯科クリニックでは、患者様お一人おひとりの時間を大切にするために予約制にてご案内を行なっております。
患者様のお時間を大切にするため完全予約制としております。

ご予約いただいた方は待ち時間もなく、時間通りに診療を終えます。
そのため、急なご予約は受け兼ねることもあります。
患者様のお時間を大切にするため、事前からのご予約をおすすめいたします。

皆さまのご理解、ご協力をお願い申し上げます。

ご予約はこちらから

人気記事

まだデータがありません。